ご挨拶

松原院長

はじめまして。
大手町クリニック 院長の松原 寛です。
がんと診断されると、通常はエビデンス(証拠、根拠)に基づく医療EBM(evidence based medicine)が標準治療として、発生した臓器と腫瘍の大きさや数、またがん細胞の種類や転移の有無などに基づいて選択され広く提供されています。
そうした中、新たな治療法が考案されても標準治療として広く認められるには、科学的根拠や臨床的な裏づけが得られたとされるまでには、多くの治療成績をあげることが必要とされ、保険を利用できる医療とされるまでには、更に非常に長い期間を必要とします。
標準治療を提供する立場として長らく診療に携わってきましたが、標準治療だけでは納得出来ないとして、その中には効果を疑問視せざるを得ないような治療に飛びついている方にも多く接してきました。
患者さん個人で考えれば生命に直結する重病ですから、いずれの治療であってもとにかく効果 があがることこそが重要なのだと痛感するとともに、かけている思いをくじくことも出来ず、積極的な働きかけを行うことはこれまで出来ませんでした。
その忸怩たる思いから、自らが効果が期待される医療を示すことが出来ればと考え、現在は研究レベルとされるがん治療を提供すべく取り組むことといたしました。

院長の経歴

医師としてスタートを切った時から、消化器を中心に内科医として診療にあたって来ました。そうした中で、胃や大腸の早期がんでは内視鏡的な切除術、肝臓がんなどでは超音波ガイド下に穿刺して焼灼や薬液の注入を行うなどの治療を長年積極的に行って来ました。
また消化器領域以外にも、肺がんや血液がんなどを中心に化学療法(抗ガン剤治療)を行う機会も、数多く得て参りました。
開業を機に入院を必要とされる積極的な局所治療を継続することは断念しましたが、これからもがんに苦しむ患者さんに、少しでも寄り添って行きたいと願い日々取り組んでいます。

H6年3月
愛媛大学医学部医学科 卒業

H14年3月
愛媛大学大学院卒業

職歴

H6年5月
愛媛大学医学部附属病院 第3内科研修医

H7年3月
市立八幡浜総合病院 内科医師

H14年4月
市立大洲病院 内科医長

H15年3月
町立吉田総合病院 内科医長

H16年6月
市立宇和島病院 内科医長

H17年7月
独立行政法人国立病院機構 四国がんセンター 内科医師

H21年2月
慈強会松山リハビリテーション病院 内科部長

H23年2月
康仁会西岡病院 副院長

H24年7月
大手町クリニック 内科消化器内科 開院

H27年1月
クリニック移転に伴い、クリニック名を「大手町クリニック」へ変更

資格

  • 医学博士
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本内科学会認定内科専門医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本消化器病学会認定専門医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本超音波医学会認定超音波指導医

クリニックからのお知らせ

IMG-18-1